サッカーJ1ベガルタ仙台を応援してます。


by hiro193-m
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

第4クール初勝利

やっと勝利を挙げる事ができた!

試合は小原のオウンゴールであれっ?ってな感じでスタート。
しかもベルデニックお気に入りの菅井がスパイクのセッティングが悪いのか、滑りまくりで1人でツルツル滑って全く役に立たない。
せっかくのCKのチャンスもショートコーナーのパスに滑って逆にピンチになる場面もあり、前半に財前と交代。
今日の出来ではしょうがないな、もっと落ち着いてプレー出来るようになりましょう>菅井

財前が入った後は、シルビーニョがボランチに入ってベガルタもゲームを作れるようになって来るが、水戸の積極的なプレスと早いカウンターにチャンスは作る事が出来ない。

後半は中田(今日は効果的なプレーが出来なかった)に変わり大柴を投入。
それがいきなりゴールを生む。
関口のセンタリングを寿人が中央の大柴へ折り返しシュートゴール!
大柴が入った事で水戸のマークがずれた間の一瞬のことでした。

その後は水戸に押し込まれるも、水戸のフィニッシュの悪さと粘り強いディフェンスで水戸に得点を許さず、後半31分スローインから熊谷からパスを受けた関口がダイレクトにクロスを入れる。
そのボールをキーパーの位置を見ていた大柴が絶妙なループシュート!
ゴール!
大柴の1試合に2得点の活躍、しかもいずれの得点も起点は関口

その後はベガルタには珍しく(!?)ゆっくり時間を掛けてぼーるをキープして、無理をして攻める事がなく無難に試合終了。
やっと7試合ぶりに勝利を得る事が出来ました。

今日の試合はけっして良い内容とは言えない試合でしたが、今のベガルタにとって勝ち点3が取れたと言う事は非常に意味があることだと思う。
前に監督も言っていたが、ベガルタの選手は落ち着いてプレーをすれば力はかなりのものを持っているとは思うが、いかんせんそれをまとめる選手がいなかった。
だが鹿島から経験が豊富な熊谷が加入した事により、そういった選手の気持ちの一体感がやっと生まれて来たかと思う。

後は攻撃に際してもっと選手間のイメージの統一が出来ればもっと強くなっていくと感じる試合だった。
[PR]
by hiro193-m | 2004-11-06 22:38 | 観戦記