サッカーJ1ベガルタ仙台を応援してます。


by hiro193-m
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

甲府戦(記憶で書き込み中)

今日の仙台は気温が11℃に加え風が吹いていてこりゃさみ〜、と思い結構厚着をしてスタジアムに行ったら、俺の席は日が当たって暖か〜い!こりゃいい観戦日和だなと思っていたら前半4分位にバロンに決められてしまう。(0−1)
遠くてよく見えなかったのだが、立ち上がり甲府にいいように攻められていて、マークが混乱している間にスルスルとドリブルやらパスを回されてフリーのバロンにボールが渡ったように覚えている。
その後15分くらいまでは甲府ペースで試合が展開するが、仙台もマルコスをポストにして徐々に攻めの形が出来てくる。
段々、甲府のディフェンスも下がり(って甲府はカウンター狙い)マルコスにボールが集まってシュートまで行けるようになるが決まらず、前半終了間際には仙台が厚い攻め(久々!)をするがノーゴールにて前半終了。しかし後半には期待が持てる展開であったので、ハーフタイム中はわくわくしていた。

後半はマルコスもピッチに現れ、大丈夫?と思ったが5〜7分位でシュートの後うずくまりたまらずベルデニックは大柴と交代。これで仙台は攻撃の起点がなくなり、いつもの仙台になってしまう。カウンター狙いの甲府に対してディフェンスラインでボールを回すが前に出すと中盤でカットされカウンターとスタジアムの雰囲気もイライラムード。
しまいには高桑がガスパルのバックパスをトラップミスしてヒヤヒヤ。ディフェンスでボールを回しているうちにバロンにカットされ、あわやゴールとなるプレーにサポーターもあきれ顔のお粗末プレーの連発。(とほほ)
後半30分には寿人に変え萬代を投入するがゴールは奪えず、時間だけがイライラ進む。
そして40分過ぎに村上のファウル(通算4枚目で次節出場停止)からゴール前のFK。上げたボールに敵のヘディングシュートがポストに当たったところを押し込まれ0−2。
誰もゴールに入ったボールを取りにも行かずうなだれる、もはや点を取る気も失せたように見えた中この男だけは違った!
今日の試合はFW萬代の後輩、福島東高サッカー部員を招待している。
後輩の前で無様なプレーは見せられないとばかりに、まだまだゴールを狙う姿勢に他の選手も影響されてロスタイム!
萬代が受けたボールを右サイドに走り込んでいた大柴に出す、大柴もは受けた後ペナルティエリアに入ってくるが相手ディフェンダーをかわすがすぐには放り込まず、タイミングを見てフリーの萬代にパス!
それを萬代がトラップしてシュート!
ゴール!
J最年少ゴール?クラブ最年少ゴール?調べてないからわからんが、とにかくやった!!

試合はそのまま終了。結果は1−2でまた負けてしまいましたが、少しは復活の目処が見えて来たよう試合でした。(もはや今季はあきらめ・・・?)
試合後スタジアムは萬代コールをして若きストライカーの初ゴールを祝福していました。

今日自分なりの良かったプレイヤーは・・・
・マルコス=やっぱりこの人がいると攻撃が(・∀・)イイ!!だが、まだまだ本調子ではないですね。途中交代で怪我の具合が心配ですが・・・。
・千葉=運動量があり、ボールへのチェックが素早い。しかし相変わらずパスがへた。チェックは早いが奪えない、との課題は多いですが石井よりは守備への貢献度が高いので次節もスタメンで行っても良いのでは?
・他では菅井もなかなか良いプレーも出るが、まだ荒いのでこれからですね。財前も良いのですが彼はこれ以上伸びるのでしょうか?

逆にいらないのはガスパル。
この人危なっかしくて・・・。小原の方が良いのではないのかな?見た事無いけど・・・。

まだ、監督のコメントやら何やらは全然聞いてないまま書き込んでいるので、間違ったことが多いですが見たまんまの生の記憶(笑)です。
[PR]
by hiro193-m | 2004-04-24 23:31 | ベガルタ仙台