サッカーJ1ベガルタ仙台を応援してます。


by hiro193-m
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

とりあえず前半戦を振り返って・・・。

第2クールを終わって9勝4分9敗と五分の成績で折り返す事が出来ました。

開幕の徳島戦は、J2に上がったばかりの徳島にJ2の洗礼&スタートダッシュ!と意気込んでおりましたが、結果は0−3の完敗に始まり、初勝利は4節札幌。しかし波に乗れずにホームでの初勝利は9節の湘南戦まで待たねばならない結果だった・・・。

開幕前、ベルデニックを切って招聘したのは都並氏。その監督としての能力には期待と不安がありました。
しかし、都並氏独特の明るい性格及び選手が言うコメントなどで、去年はバラバラだったチームはまとまってJ1に行けるだろうと感じさせました。
が、今年の仙台は例年になく雪が多く、なかなかフルコートでの練習が出来ない&フロントのキャンプの日程に拙さがあったし、シルビーニョ及びバロンというチームの核と捉えていた選手(富澤もだがこの時はまだ戦力として不明)の離脱があったなど開幕前から厳しい状況でした。
特にチームの攻撃の核と構想しているシルビーニョの離脱はかなり痛かった。
これは鹿島で言えば小笠原、ガンバで言えば遠藤、などチームの中心選手。
彼の長期離脱はチームに多大なる影響を与えることになった。

続く・・。
[PR]
by hiro193-m | 2005-07-26 00:20 | ベガルタ仙台