サッカーJ1ベガルタ仙台を応援してます。


by hiro193-m
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

はぁ・・・(2)

都並監督の就任時に東北ハンドレット社長の名川さんが言っていた「中・長期的にお任せしたい」なコメントを出していたが、これは前監督やJ2降格の問題を踏まえての発言だと思う。

ベガルタは清水監督の時代に昇格を果たしたが、マルコスというベガルタ史上最高の外国人の登場により成し遂げられた快挙であり、逆にマルコスがいない(クロスの出し手、岩本輝雄がいない)場合時は全然怖くないと言う、1人(または2人)のキープレイヤーが欠けると弱くなるというチーム全体の脆弱性が露呈した結果でもあった。

その時のことを踏まえ、1人の選手の力に頼るのではなく、選手全体のレベルアップ(中・長期的なチーム)を目標に、2年半という長い契約を育成型の監督のベルデニックさんに託し、起用したが成績及び余りにも厳格な練習・規律のため、選手の間(サポーターも)に不満が続出し、フロントは契約半ばでの更迭に踏み切った。
そんな状況のなか起用されたのが、J初監督の都並監督であった。

昨日の名川社長
ベガルタ名川良隆社長(63)は以前「都並監督には2年くらいやってもらいたい」と話していたが、J1昇格を逃した今「それはJ1に上がるという前提の話」とすべて白紙に戻したことを明らかにした。さらに今日6日、都並監督との直接会談で去就を決めると明言。「言い分は聞くが、私情は挟まずに結論を出す」と語った。
が以前の私の記事ではそんなことは言っていないです。

今季最終節の前にキャプテン熊谷は「チームとしてぶれてはいけない。」と話していましたが、ぶれていたのはフロントの方だったのでしょうか。これでは今季降格をした金だけ出せば強くなると思っていた、ヴィッセル神戸のオーナー三木谷さんとなんら変わりはないのではないのか?
しかし、三木谷さんは自分で稼いだお金を投入しているのでまだ良いが、ベガルタは観客あってこそ経営が成り立つ球団である。
その観客が前回の苦い経験を踏まえての応援をしているにも係わらず、だた昇格だけを目指すフロントとのギャップはフロント分かっているのでしょうか?

来季ベガルタはまた一からチーム作りをしなければならない状況となりました。
例えこれで昇格を果たしたとしても、以前の宿題としたチーム全体の底上げは果たせたと言えるのか?
自分的には去年よりショックがでかい人事となりました。

願わくば、選手がこの事に腹を立てずに残留を決めてくれる事を祈るだけです。
[PR]
by hiro193-m | 2005-12-06 23:48 | ベガルタ仙台