サッカーJ1ベガルタ仙台を応援してます。


by hiro193-m
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カウンター 一閃!

前半怒濤の勢いで攻められまくったベガルタですが、後半20分過ぎあたりから神戸DFの裏を狙う攻撃が功を奏して、リズムを掴みかけてくる。

が!・・・やっぱり、ほとんどの攻撃は神戸ペース。
しかし、その中に効果的なカウンターが見え始めてきて、CKも取ることが出来るようになって来た。
ほんと試合的には、この時間帯からやっと試合として機能しはじめた(w

待望の得点は高桑からチアゴ、そのまま左サイドをドリブルで上がっていったチアゴが、中から追い越す梁にスルーパス。
梁はゴールの方に切れ込んで行ってそのままシュート!
GKがかろうじて弾くも、詰めていたボルジェスが押し込んでゴール!

スカパー実況の上田さんが、ゴールが決まった後「これがサッカーです!」と言っていたが、ほんとに最後まで分からないのがサッカー!
ロスタイムの3分は心臓バクバクもんでした(w

試合内容は決して褒められる展開ではなかったですが、外国人選手も日本人選手との連携もよくなって来ていますし、ブラジルトリオが押さえ込まれたときに対処するやり方も、選手内では分かって来たのでは?

しかし、アツのボールさばき、FK、シュートさすがである。ほんとJ2に居るのがもったいない選手だ。早くホームで見てみたい選手だ。

次の鳥栖は苦手としている相手。しかもあちらも連勝中と、まだまだ厳しい道だがそこを勝ってこそ道は開ける。
次節のホームは職場の飲み会で、3年ぶり位での聖地欠席となるが、帰ってきてからのスカパーを肴に、1人2次会を画策中である(w
[PR]
by hiro193-m | 2006-04-01 20:13 | 観戦記