サッカーJ1ベガルタ仙台を応援してます。


by hiro193-m
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

スカパー:湘南戦

勝った時は更新が早いです(w
前節の不甲斐なさは消えた前半。アグレッシブにボールを追うベガルタに得点が生まれるのは時間の問題だった。
前半36分ボルジェスが取ったボールは、湘南の佐藤悠介がオフサイドのフラッグが上がったことに油断して守備が甘くなったところをゴールゲット!

ほんと、前半はボールに向かう姿勢が前節とは雲泥の差。
チアゴも守備に献身的に回り、セカンドボールはことごとくベガルタが奪う展開。
しかし、決定的なシーンを2度も外すボルジェスには少々がっかり(しかし2点取っているので良しとする?)。
ダブルボランチでも右サイドにいた関口や、左のチアゴといままでの2人の位置なら絶対守備をしない位置の2人が、DFラインに近い位まで下がって守備をするのが良かった。

後半はいつもの守ってカウンターの形を取って行くベガルタだが、少々プレーが緩慢になってしまうのはよろしくないですな。
それでも、久々のセットプレーからのゴールは評価にすべき点だ。
ボルジェスの頭でのシュートも初めて見たし・・・。

関口は敵を崩したプレーとは言えないが、個人技の高さを魅せてくれた素晴らしいシュート。
次節も気持ちのこもったプレーに期待したい選手だ。

前節は前半にたらたらした試合をしてイライラさせられたが、今節は前節の反省点が活かされているように見えたのはよかった。
あえて苦言を呈するとすれば、やはりロペスの守備への動きの少なさだろう。
他の2人(チアゴ、ボルジェス)も守備への貢献が増えて来ている中で、ロペスだけは気まぐれ程度にしか守備をしないのは今後の不安材料にならないといいのだが・・・。

まず、不甲斐ない試合を2試合続けなかった点は評価するが、やはりホームでの勝利が必須である。
次節はくせ者監督、松本さん率いる鳥栖だが、是非とも勝利が目の前で見たい。
[PR]
by hiro193-m | 2006-07-26 21:30 | 観戦記