サッカーJ1ベガルタ仙台を応援してます。


by hiro193-m
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ロスタイム弾で勝利!(横浜FC戦)

a0012565_0357.jpg
いや〜熱かったです。気温は22℃とたいした事はなかったのですが、湿気が多くてむムッとする感じに加え、今季2度目の18000人以上の入りに応援の熱気も高くビールがおいしい試合でした(^^)

試合は前半13分に顔面にボールを受けた大柴が、目がぼやけて見えなくなったため中原と交代するアクシデント、対する横浜も18分に左サイドの中島と横山を怪我(?)のため交代するアクシデントがあったが、この予期しないお互いの交代の結果は横浜の方が軍配が上がる。
横浜は、この横山と元仙台の大友の両サイドを中心に積極的に攻撃を仕掛けてきて、仙台はその攻撃をファウルで止めるのが精一杯。ただでさえセットプレーからの得点が多い横浜にFKのチャンスを与えてしまうがなんとか凌ぐ。
攻撃と言えば、交代した中原はボールを持っていないときの動きがなくチャンスを作れない、左サイドの原崎は正確なクロスとFKを期待されての選手だが、それを全然生かす事がない。
郷を煮やした監督が異例の前半41分に、その原崎と村上を交代。納得が行かない原崎はピッチを出た後ユニホームと脱いで叩き付けたが、お前はその前にやるべき事があるだろうと言いたい。
FKを蹴れば壁に当たるし、クロスはあさっての方向にしか飛ばないし、守備は中途半端なクリアでピンチを招く・・・これじゃスタメンは遠のきますよ。

しかしこの交代がやはり功を奏し、ベガルタペースで前半終了。
後半もベガルタペースになり、疲れが出て来た相手左サイドを中田洋介が何度も突破して、中央へクロスを上げるシーンが出て来るが、やはり固い横浜守備陣、なかなかゴールが割れない。
ここでも不満は中原。とにかく試合に集中していないプレーが多く、動きをサボるため決定的なチャンスは生まれない。あの動きではスタメンは当分萬代に奪われっぱなしになるでしょう。

試合はもはや今日は引き分けだろうと諦めていたロスタイム残り30秒にFKを得たベガルタがすぐにリスタート、うまいトラップをした村上が中に切れ込んであげた先に、途中交代の千葉がドンピシャのヘディングゴール!
いや〜熱いJ!仙台スタジアム!(笑

これで1つ順位を上げ4位。しかも川崎がまさかの(?)鳥栖に敗退でやっと連勝がストップ。川崎包囲網もやっと功を奏してきたか!?

次節水曜日対戦の山形はアビスパに2−0で敗退したため意気も下がるだろう(笑
どうやら大柴も大丈夫そうなので一安心だし、一気に上位に食い込むぞ!
[PR]
by hiro193-m | 2004-06-21 00:05 | ベガルタ仙台