サッカーJ1ベガルタ仙台を応援してます。


by hiro193-m
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ユアスタ開幕:対東京V1969

V仙台2−2東京V1969
得点者:V仙台 菅井(1) 中島(1) 東京V ゼ・ルイス(1) フッキ(1)

めちゃめちゃ寒い3月だった・・・。
が!しかし、試合は大変面白い内容。
a0012565_019767.jpg

とうとう人もボールも動くサッカーを目の当たりにして、興奮しっぱなし!
フッキにボールをもたれない限りは、ほとんどがベガルタペースで試合が進む。
あんなに狭い場所でボールが繋がるかと思っていたら、あらサイドチェンジでどフリーなチャンスを演出したり、ナヲキが上がっていって攻撃に絡んだりして、びっくりの連続。
そんな中、粱のサイドからのクロスに菅井が飛び込んで、今季初のホームゴール!

後半になってもペースはベガルタ。
シュナイダーからのゴールキックを萬代がそらして、中島がDFと競り合っての奪取!
そして技ありのゴール!
いやいや、この時までは正直マジでJ1楽に行けるかもと思いましたよ!

がしかし、その後同点にされて気持ちはブルー・・・。
ジョニウソンと同じ気分は敗戦。

思うに今日の引き分けは監督の采配にある。
後半早々に点は取ったのだが、後半の入り方は守備的に行くのか前半のようにアグレッシブに行くのかよく解らなかった。
そこに思わぬ点が入ったのだから、前めの選手は点を取りに行く気になってしまうし、後ろの選手は守りに入って中盤がスカスカ状態になった。そこをディエゴや佐藤悠介に良いようにやられた感じがあった。
また、菅井の負傷交代のアクシデントもあったが、中島に変えた永井も指示が中途半端だったのかボールをつなぐことが出来ないままズルズルと消えていってしまうのも気になる。

選手が疲れもあったらしいのだが、まだ第1クールも3試合目でバテているようでは、夏場や長いJ2のシーズンを乗り越えることが出来るのか心配である。
とはいえ、前半のような素晴らしいサッカーを構築してきた、望月監督には賞賛の拍手を送りたい。

さて、次節はまたもや難敵アビスパ福岡。
やや不運もあり、FWの林が出場停止だがベガルタ以上に繋ぐ組織サッカーが浸透している印象が強い強豪チーム。
是非ともここに勝って、今季の強さが本物であることを証明して欲しい。
[PR]
by hiro193-m | 2007-03-20 00:47 | 観戦記