サッカーJ1ベガルタ仙台を応援してます。


by hiro193-m
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

半分終了!07シーズン

V仙台 1−0 C大阪
得点者:V仙台 ロペス(1)
a0012565_22481648.jpg
今日のベガッ太は2人相手にPK。
a0012565_22524162.jpg
GKもやるが決められてショックのベガッ太(w
a0012565_22541447.jpg
天気も良く、いい感じでした。

試合前半は、前から積極的にプレスをし、高い位置からボールを奪うことがうまくいき、再三攻撃を続ける。
が、中島を筆頭に粱、ロペス、菅井などが動きが悪く、押し込むがシュートまで行けない焦れた展開。
1点でも入ってくれれば展開は楽だったのですが、前半の出来では後半は楽勝ってな感じ。

しかし、後半に入ってもあまり変わらず、逆にセレッソに押し込まれることも増えてきた。
そこで登場したのが、最近周りとの連携も良くなり、徐々に結果を出してきた関口。
彼が入ったことで前線が活性化はしたが、以前決めることが出来ずにいるベガルタに、ユアスタの雰囲気はイライラがMAX!
そこに関口の勇気ある突破でのPKゲットは、スタジアム中が興奮のるつぼ(w
しかし、大興奮状態の関口を尻目にさっさとボールを用意するロペス・・・。

ロペス:( ^∀^)「自分のところへボールが回ってきたし、関口も何も言っていなかった」
関口:Σ(゚д゚|||)「よろこんでいたら、ロペスがもうボールをセットしてた・・・ほんとは蹴りたかった・・」
かわいそうな関口・・・。
a0012565_23591648.jpg

がしかし、今季は敗戦の後も泥沼の連敗に陥ることもなく、しかも!
関口、富田、広大など第1クールはまだ出番が少なかった若手が、伸びて戦力となってきた第2クール。
前監督のサンタナさんが「新人を伸ばして育てるなんて、1人でも育てば良い方だ。」と言っていましたが、今季は中島、萬代など能力があるのに外国人選手のため燻っていた才能が解放されつつある。

今季はまだ荒削りな部分も多いが、昨季に比べチームとして全体が大きく育っていると感じられるシーズンである。
これからは暑くなる戦いになるので、まだまだ控え選手で腐ることは許されない。
第3クールでは更なる控え選手の台頭に期待だ!
[PR]
by hiro193-m | 2007-07-02 23:59 | 観戦記