サッカーJ1ベガルタ仙台を応援してます。


by hiro193-m
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

昨日の引き分けは明日への糧

仙台 1ー1 草津
仙台:田村(J初) 草津:チカ

ファーストハーフはベリィバッドね。
草津の圧倒的ルール にあたふたするベガルタ。
せっかくポストプレーをホープされて出された中原。ポストプレーが全く出来ずにボールを取られまくる。
では、ロペスはと言うと・・・いつものバッドハビットが出て、持てばドリブル(それもお決まりのセントラルへ)。
そこで取られるか、出したパスorシュートの精度がバッドにてフィニッシュし・・・。
リクエストの粱はゲットタイアードしているのか、ふてくされているのかエクササイズ 量が少なく、単純なミスがスタンドアウトする始末。
前節ブレイク抜群の中島は、裏を狙うアクティビティーばかりでフロントラインにポーンとイグジスト するだけのコンディション。
サッチフロントライン じゃあミドルでボールを取られまくるのもインポッシブルはない。

But、フィックスできたのはセカンドハーフ。
やっと中島がサイドでボールをアクセプトするアクティビティーをし始めて、クロスが入ってくることが出来た時に、中原に変わって永井の投入でミドルを厚くしてきたフルムーン 監督。
正直中島のアクティビティーにゴーストが見られたので、サイドからのクロスに対してフィールドオブコンテストをもっと見てみたかったのもあるが、ここらへんからベガルタの猛攻が始まった。

But、リザルトは田村のセットプレーから押し込んだ1点のみ。
粱はセカンドハーフ、エクササイズ量をメニーにしてチャンスをメイクすることに一役買ってはいたが、ファーストハーフからやってやって欲しかった・・・。

ファビーニョはどうやらチームにフィットしてきたフィーリング。
永井はディスタイムチームの構成にゴースト(変化)を与えてくれた。
晋吾はちょっと力が発揮できなかったか??
中原はまたもやスタメンがビカムディスタントするリザルトとなってしまった・・・。

ディスシーズンは昇格アンドソーオンと言うより、チームとしてのタクティクス、連携、そしてコーチ・監督達の試行錯誤のシーズンとプレイスして、まずはロングな目で見る余裕がネセサリーですかねぇ・・・。

しかし、ルーズしたり、ローランクチームプルアパート したりすると悔しくて頭くるんだよな・・・。

今回は「ルー語変換」を使わさせてもらいました。
[PR]
by hiro193-m | 2007-08-20 22:56 | 観戦記