サッカーJ1ベガルタ仙台を応援してます。


by hiro193-m
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ラツィオ、ヒドイオ


見てきましたよ〜。
今日の仙台はかなり暑くて座ってるだけでも汗が流れて来るほどの天気。
それもあるんでしょうが、チョ〜やる気のないラツィオの選手。
スタメンなどはこちら(公式記録)で確認して下さい。

しかし、今回のベガルタが一番の失敗は、あまりにも早いうちに失点したことでしょう。
はじまって8分、しかもミドルシュートをGK小針がセーブミスしてしまったためだからもったいない。
その後のラツィオは守ってカウンターの戦術をきっちりやってくるが、あきらかに省エネモードに入っているのがわかる。
なんせ中盤でのプレスがまったくなく、真剣さが感じられなくなっていた。
それでも前半は時折チャンスと見れば素早くボールを奪い、あっさりとゴール前まで運ぶのはさすがだった。

が、後半は2点も入っていたのもあり、選手のモチベーションは大きく低下。
ベガルタも大きくメンバーを変更して(6人変更うち1人は前半途中から入っていた)きたが、言ってみればベガルタもサブ的メンバー構成とし、テストに入っていた感じもあったが(これも失礼か??)そんなベガルタに対しラツィオの攻めはほとんどなし。
来日して間もない上に疲れも重なり、もうグダグダになって後半はずっとベガルタの攻撃になっていた。
結果ベガルタが追いつく展開になりましたが、なんか向こうの動きが悪いのとベガルタの決定力のなさで凡試合になってしまった・・・。

ま、ラツィオはここまでにしてベガルタの新戦力はどうかと言うと、まずゴッツェ
いいですね。まずは合格点は挙げられます。足もなかなか早く、クリアも正確だし、足技もしっかりしているようなのでリーグ戦でも期待の選手ですね。

熊谷は可もなく不可もなく無難にこなしていましたが、まだ周りとの連携が取れてない感じ。まだ足の方が完全ではないとのことなので、完治したらもっと良くなるかと思うとワクワクします。

問題はファビオ・ヌネス。3トップの真ん中でキープをしてほしい役割なのだが、ドリブルが多く玉離れが遅い。
どうしても個人技に走ってしまう傾向が多いため、周りとの呼吸が合わない。
このままでは今のベガルタの戦術にフィットするのが難しそう・・・。

他、良い感じだったのは西谷
スルーパスやドリブルなどで再三チャンスを演出する。まあ、相手も相手なので本当の実力かどうかは判断できかねるが、今日の攻撃陣の中では一番目立ってました。
ただし、やはり守備はそこそこしかしないため、ベルデニックはまだ使えないとのコメントを残していた・・・。

去年のキエーボに比べて、今回のラツィオはあからさまに営業に来てますって感じが満載だったのが悲しいです。
正直向こうからすれば「アチーし、ダリーよ」と思っているのかもしれないが、
営業も真剣に売り込まないとダメよ!
来年もやるかはわかりませんが、こんなチームでは呼ばない方がいいです。

あと、何回も言いますがフォルツァ・アズーリさんへ
チケット高すぎ!
[PR]
by hiro193-m | 2004-07-19 23:46 | ベガルタ仙台