サッカーJ1ベガルタ仙台を応援してます。


by hiro193-m
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ギリギリの勝ち点1

いやあ今日は非常に疲れる&痺れた試合でした。
前半は中盤でのボールの取り合いが多く、ややベガルタよりでしたがシュートまで繋がらない。そうこうしているうちに川崎がマルクスの突破で折り返しを受けたジュニーニョが入れて先制される。

後半は中盤でボールも取れなくなり、たまらずボランチの千葉に変え熊谷を投入。
これが功を奏して中盤は安定して来るが、相変わらず川崎のカウンターに苦しむ場面が多くサイドを使ってもクロスを上げるまで至らない状況が続く。
そんな中またもやマルクスに右サイドを抜かれてクロス上げられアウグストにゴールを許す。

その後は川崎の選手が足が吊ってピッチ外に出される時に、ベガルタサポーターが水を掛ける事があったりして(これは最低のことだ)スタジアム全体がヒートアップ!
だが、ゴールを割る事ができないまま時間が進み、ロスタイム(4分)に突入。

もはやここまで来たらせめて1点でも返してくれと思っていたとき、シルビーニョからのロングパスに抜け出した寿人がきっちり決めて1点を返すが残りはほとんどない。
だが!ドラマはまだあった!
1点取った後のリスタート後中盤でボールの取り合いをしていたが、ベガルタボールになったときこの日あまり調子が良くなかった村上が前線へ大きくフィード。
そのボールを足が吊りながら上がっていたゴッツェ・セドロスキーがヘディングで中央に走り込んでいた寿人へ!
寿人はそのボールをトラップするも少し浮いてしまうが、その浮いた玉をボレーシュート!
ゴール!ゴール!ゴール!
初めて見るロスタイム2発弾で、からくも首位川崎に引き分けまで持って行きました。

正直こんなに痺れる試合は初めてです!
他の上位陣はきっちり勝ち点3を積み上げて少しばかり順位は離されてしまいましたが、今日の粘り強さは今後の試合に非常に頼もしいものでした。

今週は水曜日に山形、土曜日に水戸と厳しいスケジュールですが、今日のような諦めない気持ちを持っていれば昇格は見えて来るでしょう。
[PR]
by hiro193-m | 2004-08-09 00:53 | ベガルタ仙台