サッカーJ1ベガルタ仙台を応援してます。


by hiro193-m
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:観戦記( 115 )

みちのくダービー・・・

今日のみちのくダービーはベガルタの2−0完封勝利!

戦い方はFC東京戦と同じ守りを固めてのカウンター狙い。
守りも前回同様3バックの真ん中に根引を持って来る、コミュニケーション重視のやり方(笑

開始早々山形のコーナーキックに合わせた小林のヘディングに、高桑が完全に逆をつかれてあわやゴールかと思いきや、ゴール前にいた梁がゴールを守り失点を免れる。
これが今日の試合のポイントだったのか、その後攻め続ける山形だがゴールは割れずに
ベガルタの寿人に先制される。

後半も圧倒的に攻める山形だがゴールを奪えない。
対してベガルタはカウンターを狙い、後半38分にシルビーニョのミドルシュートで引き離し、そのまま終了。

いや〜勝ってよかった!完封だし!
なんて思いながらスタジアムを出たらなにやら人盛りが・・・。
そして周りは手に何か持っている!?(浦和の優勝記事か?)
何かと貰ってみると、地元新聞による監督解任の”速報”(号外ではなかった)
しかもこちらは都並が確実との報道!

う〜ん都並ですか・・・ラモスとどっちがいいんだろう?(笑

記事はこちら
[PR]
by hiro193-m | 2004-11-20 22:42 | 観戦記

惜しかったぜEMPEROR'S CUP

昨日は天気が良かったが寒い日でしたね。
a0012565_22465394.jpg

いつものリーグ戦ならオーロラビジョンの下(写真の右下の金網で挟まれた部分)がAWEY側の席になっているのですが、今日は天皇杯なのでG裏全部が自由席です。
a0012565_22512859.jpg

おおっ丹下ゲーフラのamaral_11さんと隣はtokyo-boys12さんだ!
a0012565_22544849.jpg

対してホーム側ベガルタはビッグフラッグが出る。(日が当たって暖かい)
a0012565_22564046.jpg

さあ試合が近づいてまいりました。ワクワクするー!
a0012565_22584390.jpg

前半はFC東京の右サイド、石川にガツガツえぐられて防戦一方でしたがなんとか凌いで後半へ。
後半はフミタケに変え阿部を投入した当たりからベガルタが攻勢を仕掛けて、徐々にベガルタペースになるが決められない。
そして大柴のパスミスを阿部に決められてジ・エンド・・・。
正直勝てると思ったのに・・・残念でした。
a0012565_235713.jpg

ガンガン弾幕が・・・。
a0012565_2374415.jpg

喜ぶ東京イレブンとうなだれるベガルタイレブン。
a0012565_239839.jpg

けど来年に向けて期待が持てる試合でした。
クマも良かったぞー!

しかし試合後の会見でも監督が言っているように、今季一番良かった試合でした。
それとヒロミのコメントが泣ける・・・どうやらヒロミを仙スタファンにしたそうです(笑

うちらベガサポは試合後amaral_11さんを拉致しようと思っていたのですが、それを察知してか東京軍団でドトールで祝杯を挙げられてしまいました(笑
次回来た時(再来年?)は泊まりで来て下さい!一緒に飲みに行きましょう!
[PR]
by hiro193-m | 2004-11-14 23:24 | 観戦記

第4クール初勝利

やっと勝利を挙げる事ができた!

試合は小原のオウンゴールであれっ?ってな感じでスタート。
しかもベルデニックお気に入りの菅井がスパイクのセッティングが悪いのか、滑りまくりで1人でツルツル滑って全く役に立たない。
せっかくのCKのチャンスもショートコーナーのパスに滑って逆にピンチになる場面もあり、前半に財前と交代。
今日の出来ではしょうがないな、もっと落ち着いてプレー出来るようになりましょう>菅井

財前が入った後は、シルビーニョがボランチに入ってベガルタもゲームを作れるようになって来るが、水戸の積極的なプレスと早いカウンターにチャンスは作る事が出来ない。

後半は中田(今日は効果的なプレーが出来なかった)に変わり大柴を投入。
それがいきなりゴールを生む。
関口のセンタリングを寿人が中央の大柴へ折り返しシュートゴール!
大柴が入った事で水戸のマークがずれた間の一瞬のことでした。

その後は水戸に押し込まれるも、水戸のフィニッシュの悪さと粘り強いディフェンスで水戸に得点を許さず、後半31分スローインから熊谷からパスを受けた関口がダイレクトにクロスを入れる。
そのボールをキーパーの位置を見ていた大柴が絶妙なループシュート!
ゴール!
大柴の1試合に2得点の活躍、しかもいずれの得点も起点は関口

その後はベガルタには珍しく(!?)ゆっくり時間を掛けてぼーるをキープして、無理をして攻める事がなく無難に試合終了。
やっと7試合ぶりに勝利を得る事が出来ました。

今日の試合はけっして良い内容とは言えない試合でしたが、今のベガルタにとって勝ち点3が取れたと言う事は非常に意味があることだと思う。
前に監督も言っていたが、ベガルタの選手は落ち着いてプレーをすれば力はかなりのものを持っているとは思うが、いかんせんそれをまとめる選手がいなかった。
だが鹿島から経験が豊富な熊谷が加入した事により、そういった選手の気持ちの一体感がやっと生まれて来たかと思う。

後は攻撃に際してもっと選手間のイメージの統一が出来ればもっと強くなっていくと感じる試合だった。
[PR]
by hiro193-m | 2004-11-06 22:38 | 観戦記
川崎に2−1で負けて、2位大宮は鳥栖に1−0の勝利。
これで今季の2位以内はなくなったが3位山形との差も15と、残り山形が1勝でもすれば昇格は消える。(残り5試合でほとんど奇跡的な数字ですが)
だが!今節の試合は第4クールの中でもやっとまとも&楽しい試合でした。

だが、試合は開始40秒足らずでマルクスにゴールを奪われる。
このまま京都のように大量失点なのかと思いきやあらあら?予想に反してペースを握ったのはベガルタ。
中盤でのインターセプトが多い事、多い事。そしていつもなら取っても前に運べないベガルタだが、キープ出来るシルビーニョがいつものボランチではなくトップ下にいるために、高い位置でのキープが出来るようになり、その分後ろからの上がり(石井など)が出来るようになり、再三チャンスを得る事になるがフィニッシュが甘い。と言うか今節は寿人がことごとくチャンスを外す。
前半では4回ほど決定機を外し、後半には決定的なPKを外してしまう。
寿人の調子がもう少し良ければ、結果は変わったのではないかと思わずにはいられないほど悔しい。

しかし今節は石井と菅井の初コンビのボランチで挑んでましたが、このコンビなかなか良い感じです。
前にシルビーニョと言う明確なボールを預ける人がいるからなのか、それとも川崎の中盤のプレスがあまりキツくなかったせいなのか・・・、菅井自身は試合前のコメントでは石井との相性は良いと話していましたが、ここまでバランスが良く出来るとは思いませんでした。

そして今節一番光っていたのは関口!
後半から大柴に変えて投入されましたが、まず諦めない!
ゴールラインを割りそうなボールでも、サイドラインを割りそうなボールでも追いかける!そして追いついてボールをコントロールする。この諦めない姿勢には他の選手ものせられてきます。
そして川崎のDFもあたふたさせるドリブルがまた凄い!3人抜きや股抜きなど、関口がボールを持つとどうなるのかワクワクさせてくれます。
来季に非常に期待が持てる選手の登場にベルデニック監督もびっくりしたようで、次節は先発もあり得る事をコメントしていました。

実は今節の布陣は一番良い形なのかもしれませんね。
でもサイドの村上やFW大柴などはチャンスに余り絡む事が少ないのと、菅井ももう少し安定感が欲しい感じはあります。
今回のシステムをベースに、財前(大柴)や熊谷(菅井)、中田(村上、そして梁が左)が入ると結構いい感じで来季行けるのではないでしょうか?
[PR]
by hiro193-m | 2004-10-25 22:38 | 観戦記

昨日は平塚で神の手が!

ま、結果から言ってしまえば引き分けたんですが、相変わらず内容がよろしくない!
前半は良く言えば中盤でのボールの奪い合いですが、見てる方としては非常にダルダルな展開。
ボールを取ってもすぐ取られる、パスミスで取られる、フィニッシュまで行けずに取られる。
取られてばっかじゃん!

それでも寿人は
「明らかにうちの方が湘南よりもいいサッカーをしていたと思いますし、見ている人はそう感じていたんではないかと思います。」
(from J's Goalインタビュー)

Σ (゚Д゚;)マジっすか!?

選手的には良い感じの試合だったが・・・てことなんでしょうか?
見ている方は感じませんでしたよ寿人・・・。

結局点が取れたのはゴッツェのいつものFW使用と、関口の投入で流れが変わっただけだし、上背がない&ポストプレーヤーがいないのに、相変わらずの放り込みサッカー。
たしかに芝がボロボロ、めくれまくりで、ボールコントロールが難しいとは思うが、そのアーリークロスも精度の高いものは上げられないからチャンスにもならない。

前監督清水時代はスペシャリストを集めて、個人の力で局面を打開する作戦を取っていたが、ベルデニックは組織でそれを行おうとしているはず!
しかし、その組織プレーは最近は見られていない・・・。

まあ、ここらへんはいつか書くとして、今節良かったのはやはり関口。
彼が入ったことで全体に縦のスピードが出来て、ベガルタの攻撃がスムーズになりました。
そして極めつけは公式試合初ゴール!おめでとう!
その前のゴッツェのプレーはハンドだと思いますが、それでも胸でトラップ後冷静に決めた関口は良かった!

今季のベガルタはこういった若手の成長が多いシーズンです。
福岡戦で逆転2ゴールの中原を筆頭に萬代、梁、中田そして関口、と来季が非常に楽しみな成長ぶり。
特に第4クールに入ってから起用され始めた関口は、見ていてワクワクさせる選手。(個人的には中田もワクワクする)
こういった選手がどんどん出てくれば、ベガルタも観客動員が増えそう・・・。
けど、ほんとは西谷も見たいな・・・。
[PR]
by hiro193-m | 2004-10-17 21:13 | 観戦記