サッカーJ1ベガルタ仙台を応援してます。


by hiro193-m
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:観戦記( 115 )

V仙台 3−0 愛媛
得点者:V仙台 粱(1)ロペス(1)菅井(1)
a0012565_0261967.jpg
いい天気でビールがうまそうです!

a0012565_026576.jpg
ベガッ太も暑くてうちわで扇ぐって・・・おまえはそれで涼しいのか?(w

で、得点上は快勝の数字ですが、内容は愛媛の稚拙さに救われたのも多い。

うむ・・・・眠いので写真等は明日っすね。
[PR]
by hiro193-m | 2007-06-25 00:35 | 観戦記

獲得×2

V仙台 1−0福岡
得点者:V仙台 菅井(1)

a0012565_2253396.jpg昨日は職場の人達と今季初ナイター参戦。
勢い余りビールを飲み過ぎて、ゲーム中2回もトイレに急ぐ失態。
しかし、菅井の「スカッとしたんだ攻撃」ゴールはしっかりと見れました(w

試合内容は、やはり慣れた2トップではないせいか、FWへのラストパスがなかなかうまく出ないジリジリした展開。
中原がイマイチ周りと合わない感じですね。
今日はスカッとした内容ではなかったかもしれないが、他の上位チームがこぞって負ける今節。
前節の敗戦が早くもチャラになった感じ。

シュナイダーの怪我による離脱も、ようやくGK獲得が決まりまずは一安心。
林卓人選手期限付き移籍加入のお知らせ
けど、良く札幌がライバルチームにレンタルさせましたね。余裕なのか・・・。

そして今日手倉森浩コーチのS級コーチ認定が決まりました!
おめでとうございます!

しかし、ライセンスとコーチの認定ってどう違うか・・・?
手倉森誠ヘッドコーチはまだコーチの認定は取ってないのか??
ううむ・・・よくわからん。
[PR]
by hiro193-m | 2007-06-14 22:56 | 観戦記

まだなんですな・・・。

東京V 2−1 V仙台
得点者:東京V 廣山(2) V仙台 中原(1)

6/8に発売されたサッカー批評の記事に、ベガルタ仙台望月監督のインタビュー記事がある。
その中で「チームを作るというより、仙台のサッカーを作っている。」との回答がありましたが、非常にうれしいですね。
これが仙台のサッカーだ!とのスタイルを是非作って欲しいです。
そのためには少々時間が掛かるかもしれませんが、良い方向へ向かっていると信じて応援です。

今節の収穫は、広大の安定したプレーと中原の復帰後初ゴールですな。
どちらもうれしいことですが、痛いことが1点ありました。
萬代・・・キレすぎな性格は少々直した方がええぞ。

次節は福岡ですが、控え選手(FW陣)の奮起に期待しなければならない状況となりましたが、最近MFの得点も少ないような気もするので、粱、ロペスに期待したい。

ちょっと愚痴を・・・。
磯崎よ・・・今季はちみが出る試合に負け試合が多いのはどうしたわけだ。
田ノ上の方がいい成績を上げているぞ。(田ノ上が先発でかつ、後半も出場した試合は負けなし)
今季の一番奮起を期待したいのは田ノ上が出場できない試合の磯崎の出来なのかもしれない・・・。
[PR]
by hiro193-m | 2007-06-12 01:26 | 観戦記

勝った時は・・・

V仙台 2−0 山形
得点者:V仙台 萬代(1)  オウンゴール(1)

更新が早いってことですよ(w

今日は試合開始後15分で入場により、萬代のゴールが目の前で見ることが出来ず残念。
しかし今日のベガルタは、序盤の少ないタッチで繋ぐ&前からの積極的なプレスがようやく復活し、好調山形に対して完勝と言える出来。
望月監督の「我々は挑戦者。」と言う前節終了時のコメントどおりに、今日はアグレッシブに戦ってくれた選手の頑張りが結果を出した。
a0012565_23361615.jpg
(天気は変わりやすかった。)

後はこの戦い方を忘れずに、この先も進化させて行くことだけですよ。
ただ!、この先の長いシーズンのためにも控えFwの戦力アップは必須と感じたね。
中原!関口!ウィリアン!剛志!弾!開眼せよ!

今日一緒に観戦してくれたT君。おめでとう!!ヽ(゚∀゚)ノ
また一緒に観戦よろしくお願いします。

さて、次節の観戦仲間を探さなければ・・・(w
a0012565_23454476.jpg
(シュナマンとおそらく○○○マン)
[PR]
by hiro193-m | 2007-05-27 23:45 | 観戦記
いやいや、ここ最近のJの審判のレベル低下が言われている今季で、北村審判なるお人もその仲間入りするとは思いませんでした。

最近は試合前の審判紹介も気にしながら見ていて、今日は主審と第4の審判の名字が同じ「北村」なんだ〜。へー珍しいな〜・・・。
けど聞いたことない人だから、多分普通の審判なんだろうと思いながら見ていましたが、まさかへたれをジャッジするとは・・・。

詳しいジャッジは他のブログ等に記載があるとは思いますが、主審に言いたいことは望月監督も言っているように、サッカーは11対11でやるもので、11対11対1ではないこと。
萬代への1枚目やナヲキへの1枚目は、事前に選手へ警告をするくらいの余裕がないのか?
北村主審、試合の主役はあなたではないし、せっかくお金を払って見に来ている人達はあなたが目立つ試合は見たくない。
a0012565_0421878.jpg
この状況でもよく理解していないだろう審判団。

この怒りは負けたことによる怒りもあるが、せっかく楽しみにしていた試合が、前半早々にぶち壊されたことにあることを認識してほしい。
イエローカードそれは本当に選手だけのせいなんだろうか?もっと試合を円滑かつ荒らさないで進める方法はなかったのか?
Jリーグも含めて考えて頂きたい。

しかし、ベガルタにも非があることは否めない。
まず、前半の主導権を握れなかったこと。
これは最近の傾向で顕著に現れているのでは?相手側に積極的にプレスを掛けられると、押し込まれてしまい。セカンドボールが拾えなくなり、攻撃が縦パスに頼りがちになってしまう。

また、ナヲキの2枚目。あれは完全に行き過ぎたプレー。
そこまでしなくても、一人少ない状況ともはや1枚もらっている選手のプレーとは思えない。
あれでベガルタの勝利プランが崩壊し、徳島の勝利へグッと傾いた瞬間であった。
あれプレーはナヲキに猛省して頂きたい。

ともあれ、これで今季3敗目。
しかも研究されてきて、そろそろ新しいオプション&ニューフェイスの登場を待つしかない状況なのか?
今季の原点である人もボールも動くサッカーが、最近見られないような気がしているのは気のせいではない。
しっかりと原点に帰って、もう一度立て直して欲しい。
[PR]
by hiro193-m | 2007-05-21 00:58 | 観戦記

無敗ですな

更新してませんでした。
とりあえず、札幌戦後で観戦した試合の写真を載せます。

V仙台 5−2 鳥栖
得点者:V仙台 萬代(3)  粱(1) 中島(1)鳥栖 藤田(1) レアンドロ(1)
a0012565_2355870.jpg

a0012565_23552712.jpg

第1回シュナ劇場の1コマ(笑

(サテライト)V仙台 2−3 柏
得点者:V仙台 大久保(1)  金子(1) 柏 大久保(2) ドゥンビア(1)
a0012565_2358464.jpg


山形 3−3 V仙台
得点者:山形 小原(1) 豊田(1) 宮沢(1)V仙台 中島(1) ロペス(1) オウンゴール(1)
a0012565_014189.jpg


V仙台 2ー0 水戸
得点者:V仙台 田ノ上(1) 中島(1)
a0012565_03779.jpg

本日の功労者2人
a0012565_034777.jpg

第2回シュナ劇場

水戸戦はイライラしながらも勝利!
こういった所で、選手もキレないで勝利を収めることは重要です。

しかし、俺が見て問題は攻撃より守備。
あれだけ引きまくっている水戸に。1点を取った後は危ないシーンが多過ぎです!
正直最近の白井にはイライラしていたが、いなくても変わらない守備陣は問題がありますな。
監督には攻撃よりも失点を抑える練習or布陣をお願いします。

そろそろ追加で獲得の選手なんかもよろしいのでは・・・?

ともあれ、11戦負けなしは気持ちがいい!
このまま連勝で5月を駆け抜けましょう!
[PR]
by hiro193-m | 2007-05-01 00:11 | 観戦記
V仙台 1−1 札幌
得点者:V仙台 萬代(1) 札幌 曽田(1)

雨が凄かった。
a0012565_21563260.jpg
あまりの雨に避難したベガッ太。

試合前には雨が上がり、少々暖かくなった感じがあったが、やはり寒い。
萬代のゴールは素晴らしかった!が、サポ自ゴール裏なのでよく見えなかった(w

今日はざっと試合の印象を・・・
・今節の主審のジャッチは酷かった。
・札幌のフラットな4−4−2は非常に完成度が高い。もの凄く中盤をコンパクトに保っていて、前半は曽田が再三ラインを上げろと指示していた。あれを攻略するのは結構大変そうだが、後半はそれが止まった感じ。
・田ノ上は左SBなのにいつもどこにいるかわからない面白さがあるが、前に出過ぎてオフサイドには気をつけて欲しい(幻の1点目は彼がボールに行かなくても入っていたはず)
・永井がやっとチームにフィットしてきた。
・ゴール前の王子シュナイダーの、萬代のゴールが決まった時のはしゃぎぶりが楽しい。

今までの対戦は今季のJ2において昇格のライバルと思われるチームとの対戦が多かったが、そこを相手に負けなしで来れたことは自信に繋がったはず。
あとはこの戦術を熟成させていって、更なる進化を遂げて行くことに期待したい。
[PR]
by hiro193-m | 2007-04-10 00:20 | 観戦記

スカパー観戦:愛媛戦

とある日曜の午後、友人と二人で並んで弁当を食べていたら、目の前に大きな陰が・・・。
ふと目を上げると、そいつは腕を組んで無言で見つめていた。
友人は弁当のしょうが焼きを差し出したが、それにも動じない。
ふっ・・と動いた瞬間そいつは一枚のカードをくれた・・・。

a0012565_015512.jpg

ってベガッ太!君のカードの「ラブ」ってなんだよー!(w

そんなことがあった草津戦は1−1の引き分け。
敗戦な感じがどよ〜んと、体にのしかかってきて不快でした。
その後の一週間が気分が悪かったのですが、4月最初の観戦は”楽天”に行ってきました。
試合は1イニング2回の満塁アーチが飛び出す最高の試合でした。
a0012565_0274487.jpg


そんな勝ち試合を7回が終了時点で後にし、一路家路に急ぐ。
当然のことだが、ベガルタをスカパーで見るため(w

愛媛FC0−4V仙台
得点者:V仙台 萬代(2)・ロベス(1)・中島(1) 愛媛 なし

前半は愛媛の攻めに受け手にまわってしまったベガルタだが、とうとう出た萬代ゴールにより活性化していく。
萬代が2点目を決めて、こりゃ楽勝と思っていたところに出た3点目が圧巻!
ベガルタのゴール前から、守備に戻ってきた萬代のチェックでボールを奪い返した後、愛媛に一回もボールを触らせないパス交換で一気に敵のゴール前。
最後はロペスのシュートでゴール!
こりゃぁ今季はとんでもないことになる予感がよぎるが、それはまだ先のこと。
しかし、まだまだ伸びしろがありそうな雰囲気を持っているのも、今季の特徴でもある。

しかし、ホームで勝てない特徴は早々に消してもらいたいもんですが、次節の札幌は今季ベガルタ、東京Vについで好調をキープしているところ。
札幌は外国人が完全にフィットしているとは言えないが、日本人選手の連携が良く、連続無失点試合を記録している最中。
今節の愛媛も前節まで連続無失点試合だったが、その守備を粉砕したベガルタの調子の良さを持ってライバル札幌を破って勢いをつけたい。
[PR]
by hiro193-m | 2007-04-02 00:55 | 観戦記
A福岡1−2V仙台
得点者:V仙台 粱(2) A福岡 久永(1)

いや〜昨日は楽しすぎて酔っぱらって寝てしまいました(w
がしかし!奥さん!これでベガルタは3戦ともアウェーは勝利ですよ!
しかも全試合2点は絶対取っているんですよ!
今日もFWが取れていないのですが、粱の大活躍により逆転勝利です。

なんか前半は疲れのせいか、はたまた戦術なのか、今季いままでのベガルタはどこに行ったの?ってな具合につながらない。
う〜んこりゃあ、疲れを考慮して前半は力の温存戦略か?と思っていたが、まさかの福岡久永の先制ゴール。

その後も寄せの速い福岡の守備に、ボールがうまいこと持って行けない。
やっぱり福岡はうまいな〜、と思って前半終了。

スタミナはやっぱ課題だな、なんて思いながら後半が始まったが、オイオイ!さっきまでの福岡はどこ行ったの?ってなぐらいプレスがよわ〜くなってきた福岡。
そしてその弱くなってきたサイドを突いて粱がゴール!
そしてここから福岡より動きが良くなるベガルタ!
ついにはロペスの目の覚めるようなロングパスにボレーを叩き込んだ粱!
キタキタキタ━━━━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━━━!!!!!!!!
もう最高ですよね!!

最後は謎のロスタイム以上のロスタイムがあったりして、ドキドキさせましたが勝利を得ました。

いやいや今季のベガルタは良いです!こんな強豪相手の連戦で3勝1分です。
こりゃ行けるんじゃないですか?と思いますが、次節は草津。
実はこういった下位チーム(守備をガチガチに固めてくるチーム連)に、いかにして勝つことが出来るかが本当に大切なことでしょう。
今季初の守りで固めるチームに、どうやって崩すのか楽しみです。

余談ですが、スカパーのアフターゲームショーに柱谷幸一氏(うちのいわくモミモミ)が、ゲストとして出ていましたが、彼の解説はなかなか軽妙なコメントで解りやすく、面白いです。
しかし、今節のベストゴールの発表時(ベストゴールは当然、粱の2点目)のコメント

穴「どうですか柱谷さん」
兄「う〜ん凄いですけど、これって仙台でしょ?組織票でしょう(w」

さすが元山形監督。その通りでしょう・・・(w
[PR]
by hiro193-m | 2007-03-22 23:47 | 観戦記
V仙台2−2東京V1969
得点者:V仙台 菅井(1) 中島(1) 東京V ゼ・ルイス(1) フッキ(1)

めちゃめちゃ寒い3月だった・・・。
が!しかし、試合は大変面白い内容。
a0012565_019767.jpg

とうとう人もボールも動くサッカーを目の当たりにして、興奮しっぱなし!
フッキにボールをもたれない限りは、ほとんどがベガルタペースで試合が進む。
あんなに狭い場所でボールが繋がるかと思っていたら、あらサイドチェンジでどフリーなチャンスを演出したり、ナヲキが上がっていって攻撃に絡んだりして、びっくりの連続。
そんな中、粱のサイドからのクロスに菅井が飛び込んで、今季初のホームゴール!

後半になってもペースはベガルタ。
シュナイダーからのゴールキックを萬代がそらして、中島がDFと競り合っての奪取!
そして技ありのゴール!
いやいや、この時までは正直マジでJ1楽に行けるかもと思いましたよ!

がしかし、その後同点にされて気持ちはブルー・・・。
ジョニウソンと同じ気分は敗戦。

思うに今日の引き分けは監督の采配にある。
後半早々に点は取ったのだが、後半の入り方は守備的に行くのか前半のようにアグレッシブに行くのかよく解らなかった。
そこに思わぬ点が入ったのだから、前めの選手は点を取りに行く気になってしまうし、後ろの選手は守りに入って中盤がスカスカ状態になった。そこをディエゴや佐藤悠介に良いようにやられた感じがあった。
また、菅井の負傷交代のアクシデントもあったが、中島に変えた永井も指示が中途半端だったのかボールをつなぐことが出来ないままズルズルと消えていってしまうのも気になる。

選手が疲れもあったらしいのだが、まだ第1クールも3試合目でバテているようでは、夏場や長いJ2のシーズンを乗り越えることが出来るのか心配である。
とはいえ、前半のような素晴らしいサッカーを構築してきた、望月監督には賞賛の拍手を送りたい。

さて、次節はまたもや難敵アビスパ福岡。
やや不運もあり、FWの林が出場停止だがベガルタ以上に繋ぐ組織サッカーが浸透している印象が強い強豪チーム。
是非ともここに勝って、今季の強さが本物であることを証明して欲しい。
[PR]
by hiro193-m | 2007-03-20 00:47 | 観戦記