サッカーJ1ベガルタ仙台を応援してます。


by hiro193-m
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:ベガルタ仙台( 163 )

久々更新!

仕事の忙しさからやっと解放されたと思ったら、未だ契約更改がならない選手がいた。
粱と萬代である。
この2人、うちのクラブの中でも他所からお声が掛かりそうな2人。
また、この二人は活躍の場を求めて出て行きそうな雰囲気を持っている選手たち。
正直、萬代のレンタルでの修行には賛成でも仕方ないが、粱の移籍は断固阻止するべき!
せっかく10番を背負ったが、その真価も出せないうちに移籍しようとはイカンですな!
つーわけで来年もよろしくお願いしますよ!お二人さん!

さて、選手と言えば補強ですが、今のところ補強と言える選手は田ノ上選手だけのようだが・・・。
個人的な考えでは・・・
GKー高桑を戦力外にしたので当然補強するべき。
DFーCBを補充で1人とクロスがうまいSBが欲しいところ。
MFーナヲキを圧倒するぐらいの力を持った守備的ボランチ。個人的には札幌の大塚。しかし、田村君もこれに匹敵するか??・・・期待したい。
FWー外国人を補強するとの噂もあるが、ここは敢えて補強しないで日本人に任せて欲しいところ。
外国人ーロペスの残留を前提に考えると、ボランチとSB(左?)が欲しい。
また、キャプテンシー&昇格への強い思いをチーム内へ浸透させる存在として、元代表クラスのベテランを獲得して欲しい。(奥か名波かなぁ・・・)

また、岩本輝雄選手を6ヶ月の短期でもいいから雇用していただきたい。
彼を雇用することによるクラブへのプラス効果はかなりの度合いであると思うのだが、そのような感覚は持っていないだろうか?

フロントには(金がないのはわかっているが)来期に向けて的確な良い人材を補強していただきたいです。
[PR]
by hiro193-m | 2006-12-21 23:07 | ベガルタ仙台

最終戦〜色々あるねぇ

最終戦行ってよかった!
試合内容は良かったよ、神戸のDF主力が3人抜けている事実はあるが、来季はこの戦いを継続していってもらいたいと、久々に思いましたね。

試合前は高桑のサイン会を見に行きましたが、ごちゃ混ぜの大混乱の中高桑が現れたとき、「高桑!」コールが自然と起こる。
凄い人達の中、にこやか&丁寧に受け答えする高桑。
くぅ〜!!寂しすぎるぜ!
今度は敵として対戦する可能性が高いかと思うけど、頑張って欲しい。

最終戦でのセレモニーでありますが、社長がコメントを発表している間も、サポからは辞めろコールやらが延々流れる。

正直、このコールはキツいと思った。
友人も「企業のトップはつらいなぁ〜」と言っていたが、つらい以上にこれで自殺したらどうすんねん!とも思えるほど大人げなかった。
ああゆうのを見れば、誰もベガルタの社長になりたいとは思えないのもうなずける。
大勢で脅しても所詮トップは変わらないのだから、いっそのこと試合に行かないのが一番効くと思うのは俺だけではあるまい。

なんてこんなことを言っているが、名川さん擁護ではない。
名川さんの嫌なところは、口では中長期的・・・みたいなことを言っているが実際は単年度でしか物事を見ていないこと。
そして、財政や人材など状況を顧みないで、今年J1に上がれば文句はないだろうみたいな、クラブの将来ではなく、自己の保身のための刹那的クラブ経営。
また、前社長の京極さんもそうだが、自分に楯突くような人を排除する傾向をたぶんに持つのも雇われ社長の器ではない。

もっとクラブ経営には肝要及びスポンサー探しなど、事務屋しか出来ないことで貢献してもらって、試合などは現場に任せてほしいものである。

次は選手に対する意見をば、アップしてみたい。

今日の、神戸対福岡の試合はつまらない内容。
ベガ的に応援するのは神戸でした。何故か?
当然来年弱そうなチームをJ2に選んだだけです・・・。
[PR]
by hiro193-m | 2006-12-07 00:34 | ベガルタ仙台
昨日戦力外4選手が発表されました。
ある程度予想していた人物だったため、やっぱりとは思っていましたが、寂しいです。
村松選手は期待していたのですが、なかなか監督の好み(?)に合わず、出場機会に恵まれなかったため仕方がなかった部分がありますが、残りの3選手は個人的、及び今までの記録&記憶的にも、もったいないと思える選手陣であります。

今期のベガルタはどこが悪いと言うのも見当たらず、全体的に悪かった(=監督か?)ので、選手自体は誰はいらないとは思えない布陣でした。
では何が足りなかったと言えば、ベテランでチーム内をまとめるキャプテンシーがある人か、まじめな選手が揃っているため落ち込んだりしてるときに明るくするムードメーカーが欲しかったのかなと個人的には思っていました。
特に前者のタイプには高桑選手は非常にマッチする選手と期待していましたが、スタメンを外されてしまってからはそれもかなわなくなってしまった・・・。

多分この選手全員がベガルタの敵となってしまうことを考えると、凄い寂しくて情けなくなってくる。
けど、俺は選手個人ではなくてチームが好きなんだよなぁ・・・。

昨日は色々たくさんありすぎて、書き込めんなぁ。
ちょっと小休止。
[PR]
by hiro193-m | 2006-11-29 01:05 | ベガルタ仙台

なんつーか

DF陣を木谷以外総入れ替えするそうな報道があり・・・。
ううむ・・・問題は取れない攻撃陣→イライラして前に出る守備陣→失点。
と、思う我はダメダメなのか?

いくらDF陣を入れ替えても、攻撃陣が取ってくれないと前に出て失点!(ころりん、すってんてんてーん!)

まあ、監督を信じましょう。
練習試合で3失点!・・・紅白戦は関係ありませんがな・・・。
菅井がまだ完調では無い!・・・彼の気合いにまかせましょう・・・。
キャプテソに代わり磯崎!・・・守備は安定する・・・はずです・・・。
ロペスに代えて大柴投入か?・・・まず無いけど、期待しないで応援しましょう・・・。

次こそ!明日へつなぐ!大きな勝利を!!
[PR]
by hiro193-m | 2006-08-23 00:01 | ベガルタ仙台

札幌戦を前に

ブラジル人トリオが復活して挑みそうな札幌戦だが、未だブラジル人と日本人の連携が深まったとは言えなかった水戸戦を思い出すと、不安がよぎる。

しかも相手は連敗中の札幌、しかもホーム札幌は相当の気合いで挑んでくるだろう。
前節やっとホーム戦不利の呪縛から解き放たれたベガルタが、そのままその解放運気を札幌にやるのではなく、ホームでの勝利の苦しみを味合わせてやるしかないだろう。

また、その後に続く試合の横浜、山形、柏と負けられない試合が続くため、ここで連勝として勢いをつけたい。

ここからベガルタは1戦1戦がトーナメントと感じて、必死にやってくれ!
こちらの元ベガルタ戦士も始動し始めたらしいが、ほんとに獲得したとなれば福岡戦は楽しみが増えることとなる。
どちらもここからがリスタート!
頼むぜ!ベガルタ!
[PR]
by hiro193-m | 2006-08-19 01:54 | ベガルタ仙台
最近は点が取れない、ホームで勝てない、4位に落ちる、上位との差が開くなど
やばいぞ!仙台
モード全開になってますが(w)俺的には梁のスタメン落ちが続いているのはどうしてかと言うのが一番気になるネタ。

梁が外された試合は、見ていて確かに疲れがあるのか雑なプレーが多いように見えていたが、ここ最近の途中出場を見るに調子は上がって来ているように見えるが、相変わらずのスタメン落ち(らしい)。
スかも!梁の代わりが富田とは!・・・時代は変わったな・・・って、まだ梁は能力を全然落ちていませんよ。世代交代には早すぎますぜ!

とは言え決めるのは監督さんです。
それよりもロペスが日本流の早いパス回しを魅せてくれる方が楽しみですが、いつ一皮剥けるか?
それが明日!見れるかもしんない!・・・見れないかもしんない・・・。
[PR]
by hiro193-m | 2006-08-11 21:01 | ベガルタ仙台

不快な日

今日は私的ながら、ずーっと不快でした。

・朝から疲れているのに早起き→不快
・行った先での打ち合わせがやることなし→我慢
・昼飯は気を使いながら食事→我慢
・午後の打ち合わせに嫌なやつが現れる→不快
・夕飯に気を使いながら我慢を重ねる→超不快
・作業を行うが相方が何もしない→不快&我慢
・ベガルタ敗北→超不快

ほんと今日は頭に来ながら我慢の展開。
試合もリアルタイムで見ることが出来ず、録画を見たが前半と後半20分過ぎまではほとんど我慢しながら見なければならなかった。
やっと目が覚めたのは後半25分過ぎあたりか?
しかし、ロペスのオフサイドやバーに弾かれて得点出来ず、時間は過ぎていき終了。
1〜3位まで勝利と非常に厳しい今節&第3クール

もう何が悪いって言えない・・・。
正直作業をしながら見ていたため、勝てない、入らない、ボールがキープ出来ないとしか印象が残りません。

次節は負けが無い水戸。
ここは水戸さんに温情勝利をもらい勝ち癖&連敗トンネル脱出といきたいもんです。

はぁ・・・愚痴ばっかだな・・・。
[PR]
by hiro193-m | 2006-08-06 23:50 | ベガルタ仙台
今日サンタナ新監督、及び外国人2選手共々30時間を掛けて、地球の裏側ブラジルから仙台に到着したそうです。

早速インタビューされておりましたが、いきなり
「仙台がこんなに寒いとは思わなかった。リオは40℃ありますから・・・。」
って・・・おいおい!ちゃんと伝えてるのかよ!

と、しょっぱなから不安にさせる一言から始まったが、その後はちゃんと仙台をJ1に上げるために来たと、しっかりコメントを話されていました。

補強はサンタナ新監督の意向と言うか、推薦どおりに外国人は補強出来ましたが、富澤の東京V復帰はかなり痛い!
計算出来るはずのDFが、このオフシーズン終盤にきて去っていったのはかなりのダメージでしょう。
富澤選手はたしかに相当悩んでの結果なのでしょうが、愚痴を言えばもっと早く決断をしていれば、別な選手へのオファーが出来たのかな?と思います。
しかし、決まってしまったことはしょうがありません。
新加入の池田、白井ともに頑張って頂き、広大、木谷には前年以上のファイトを期待するばかりです。

また、4年の間ベガルタの中心として活躍してくれた、シルビーニョが新潟へ移籍することになり、寂しい気分と中心選手の離脱に不安はありますが、補強した選手及び残留した菅井、直樹の更なる頑張りに期待しながら、シルビーニョの新潟での活躍を祈るばかりです。

さて、これでほぼ補強は終わり(後1人と言う噂もありますが)で、この戦力で今期J2を戦うことになりますね。
FW、MFに関しては、去年以上のポジション争いが予想されるほど充実されて来た感じはありますが、DF陣に関しては若干の不安は拭えない印象。
また、今期は13チームになり、試合数も増えることから怪我には気をつけたい所。
今期は監督についでフィジカルコーチの適切な判断も重要になってくるようになりますが、どちらもブラジル人(フィジカルには谷さんもいるが)となるため、まずはこの2人が日本人の特性を生かしてくれることが、今期の鍵を握りそうです!

期待してますよ!サンタナ監督!
[PR]
by hiro193-m | 2006-01-21 22:21 | ベガルタ仙台

久々・・・

年賀状も1月5日に出す大バカ者ですが(汗)
明けましておめでとうございます!
本年もよろしくお願いします。

去年はショック(昇格争い負け、監督交代、選手の更改状況など)があり、なかなか更新する気分になれませんでしたが、今年もまだまだ予断は許さない状況ですね。

根引の柏復帰、シルビーニョの移籍騒ぎ、それに変わるチアゴの獲得の噂、ロニ断念そしてMFロペスの獲得によりFW日本人の活躍に期待などなど・・・めまぐるしく変わる陣容予想。
しかし、財前の放出と根引の柏復帰、シルビーニョの残留問題と去年のベガルタの陣容での、中核を支える選手の流出報道には寂しいかぎりです。

しかし、そんな中でも高桑と大柴、梁の契約更改はうれしいの一言。
他、ボルジェス、ロペス、村松の獲得は期待を裏切らない活躍を頼んますよ!

未だDF陣の大型補強(残留)が聞こえてこないのが不安材料ではありますが、シルビーニョの残留(もしくはチアゴの活躍)を計算すれば、今季はいい補強(外人が期待通りなら)が出来ているのではないかと思う。
後は監督がへなちょこでないことを祈るのみである。

J1から落ちてきた3チームもかなり選手の流出がさけられない状況(特に柏悲惨)なので、去年プラスアルファが出来ればそこそこいい試合が出来るはず。
あ〜早くJリーグが始まらないかな(w
[PR]
by hiro193-m | 2006-01-08 22:10 | ベガルタ仙台

はぁ・・・(2)

都並監督の就任時に東北ハンドレット社長の名川さんが言っていた「中・長期的にお任せしたい」なコメントを出していたが、これは前監督やJ2降格の問題を踏まえての発言だと思う。

ベガルタは清水監督の時代に昇格を果たしたが、マルコスというベガルタ史上最高の外国人の登場により成し遂げられた快挙であり、逆にマルコスがいない(クロスの出し手、岩本輝雄がいない)場合時は全然怖くないと言う、1人(または2人)のキープレイヤーが欠けると弱くなるというチーム全体の脆弱性が露呈した結果でもあった。

その時のことを踏まえ、1人の選手の力に頼るのではなく、選手全体のレベルアップ(中・長期的なチーム)を目標に、2年半という長い契約を育成型の監督のベルデニックさんに託し、起用したが成績及び余りにも厳格な練習・規律のため、選手の間(サポーターも)に不満が続出し、フロントは契約半ばでの更迭に踏み切った。
そんな状況のなか起用されたのが、J初監督の都並監督であった。

昨日の名川社長
ベガルタ名川良隆社長(63)は以前「都並監督には2年くらいやってもらいたい」と話していたが、J1昇格を逃した今「それはJ1に上がるという前提の話」とすべて白紙に戻したことを明らかにした。さらに今日6日、都並監督との直接会談で去就を決めると明言。「言い分は聞くが、私情は挟まずに結論を出す」と語った。
が以前の私の記事ではそんなことは言っていないです。

今季最終節の前にキャプテン熊谷は「チームとしてぶれてはいけない。」と話していましたが、ぶれていたのはフロントの方だったのでしょうか。これでは今季降格をした金だけ出せば強くなると思っていた、ヴィッセル神戸のオーナー三木谷さんとなんら変わりはないのではないのか?
しかし、三木谷さんは自分で稼いだお金を投入しているのでまだ良いが、ベガルタは観客あってこそ経営が成り立つ球団である。
その観客が前回の苦い経験を踏まえての応援をしているにも係わらず、だた昇格だけを目指すフロントとのギャップはフロント分かっているのでしょうか?

来季ベガルタはまた一からチーム作りをしなければならない状況となりました。
例えこれで昇格を果たしたとしても、以前の宿題としたチーム全体の底上げは果たせたと言えるのか?
自分的には去年よりショックがでかい人事となりました。

願わくば、選手がこの事に腹を立てずに残留を決めてくれる事を祈るだけです。
[PR]
by hiro193-m | 2005-12-06 23:48 | ベガルタ仙台