サッカーJ1ベガルタ仙台を応援してます。


by hiro193-m
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2005年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

先日某所にて飯を食っているとき、近くの集団がベガルタの話をしていたので聞き耳を立てていたのですが、どうやらチケットが取れたとの話。
ふ〜んやはり最終戦は取りづらいのかな・・・なんて思っていた所その取れた集団が
「けど、うちらが行く試合っていっつも負けるんだよね〜キャハハ・・・。」
この時マジでその人達に「お願いです!試合に行かないで下さい!」と言いたかった。

つうか、本人は周りに対してウケを狙っただけの冗談なんでしょうが、行く前からそんな気持ちで行って欲しくないです。
多分昨日(正確にはおととい)の試合後は「やっぱうちら来ると負けるんだよね〜キャハハ」ってな事を言いながら帰って行ったんだろうな・・・。
まあ、そんな些細なことを気にしている俺も俺なんだけど(笑
a0012565_0315020.jpg

試合は圧倒的に強くはないが、要所を締める京都に点が取れず、運も味方に出来なかったベガルタが惜敗。
しかし、4位甲府がグラウシオ、ホベルトがいない飛車角落ちの福岡に0−5で敗戦したため、辛くも3位をキープできた。
a0012565_0375755.jpg

試合後のセレモニーで熊谷が涙ながら言ってくれたコメントが胸に響いたのはサポーターだけではなく、各選手も分かっているが改めて気持ちが引き締まったと思う。

次節はアウェーで福岡と対戦。
福岡とは相性が悪く、去年のアウェー戦で中原の逆転2ゴール以来勝ち星がないが、今節で見せた試合運びなら負ける事はないだろう。
だが、引き分けだと最悪抜かれてしまう可能性もある。
自力で入れ替え戦出場を決めるためには勝利しかない!
最後は勝つと言う気持ちが勝れば結果はついて来るはず!
勝つ!その気持ちで勝利をつかみ取れ!
[PR]
by hiro193-m | 2005-11-28 00:57 | 観戦記
今日は甲府を粉砕してくださった水戸さんを迎えての聖地での試合でしたが、予想どおりの快勝で気分よく帰ってきました。
a0012565_22555754.jpg

内容は前半以外と高い位置でのプレスをかける水戸に少々手こずりましたが、シルビーニョのゴールでリズムが良くなったベガルタが、後半は怒濤の勢いでCKからのバロン、菅井→中田→大柴と流れよく決めて3−0の寒さも吹き飛ぶ内容。

で、タイトルの気になる事ですが・・・
1・交代で入った萬代。
ボールが近くに無い時のダラダラ歩き、先発で出ているバロンですらボールを追っているのに歩いているのって・・・。
君は後半途中から入ったのだから体力はあるでしょう!自身調子が良いと言っているならもっとアピールするべきでは??
俺的にはもっとボールに食らいつく気合いが欲しかったです。

2・梁大丈夫だよね?
後半交代する前に足が吊ったらしく、交代する前までほとんどウロウロするだけで走る事が出来なかったように見える梁。怪我ではない事を祈ります。

3・都並コール
記者会見で監督コールを次は大きくね、見たいな事を言ってましたが、やっぱ気になっていたんですね。
コールだけでやる気が出て勝利に結びつくならいくらでもしますよ!

4・お姉ちゃんの声援
以前から気になっていましたが、応援の合間に聞こえる「仙台頑張れー!」(叫び)
あれってやっぱ狙っているんでしょうか?
どんな方が言っているのでしょうか?気になるなぁ・・・(笑)

5・ロスタイム3失点
ってこれは気になるどころじゃないですよ!
札幌!どうなってんの!?アリエナイ・瞬・間・・・・。
a0012565_2323561.jpg

さて、甲府が大逆転での勝利で勢いがついてしまいましたが、ベガルタとしては残り2戦勝利をすれば良いだけです。
次節からが昇格を決めた2チームが対戦ですが、土曜日の京都は前回のホームで撃破しているので悪いイメージはないはず。
しかもホームゲームは負けなし&サポーターの後押しもあれば万全。
今日の良いイメージで連勝だ!
[PR]
by hiro193-m | 2005-11-23 23:23 | 観戦記
試合は一進一退の攻防が続きましたが、最後は湘南の押し気味に進められました。
ゴールは仙台の選手の2ゴールで引き分けと言う厳しい結果。
しかし、4位甲府も引き分けた(山形の林選手に感謝!)ため、辛くも3位に留まった。

ベガルタはなんかボールが落ち着かないと言うか、バタバタした展開で
「もっと落ち着いてボールを回せよ!」
とテレビ前で叫んでいましたが、どうやらピッチコンディションの悪さも響いた模様・・。
しかし、クロスを入れる精度の悪さもあったように見える。
テルのように正確なクロスを入れられる選手がいないのは痛いですね。
村上に正確さを求めるのは酷なのかも知れないが(?)、中田はサイドMFとしての実績を考えるともう少し精度を高めて欲しい。

2位福岡が順当に勝ったため、自動昇格にはかなり厳しい展開となってきたがまだ諦めるのは早い。
前回の昇格時もほとんど無理と思われていた中での奇跡があった。
もしかしたら昇格の奇跡は入れ替え戦で現れるのかも知れない。

話は変わって、今日サッカーJ+を買って来ましたが、その中に現レッズコーチ(元フリューゲルス、サンガ監督)のインタビューがあり、天皇杯を勝ち取った時のチームの事が載っていましたが、ドイツ人の彼が「気持ちが強いチームが勝つんだ」と言っている事に非常に感銘を受けました。

サッカーではよく戦術や個人の能力が論じられるため、こういった根性論は軽視されることがありますが、チームとして統一された強い気持ちが大切です。(ドイツ人にもゲルマン魂に象徴されるように根性論があるのかもしれないけど・・・)
残り3試合(5試合?)は
気持ちだけは相手に負けるな!
[PR]
by hiro193-m | 2005-11-21 01:38 | 観戦記

とうとう3位に!

今日はいつもゴール裏ではなく、A北での観戦。
ちょうど向かいにコアサポが見える位置でしたが、後半の得点となったCKを取った洋介の全力のプレーに仙スタ全体が一気にヒートアップ!
この日一番の「仙台レッツゴー」コールが響き渡るのを見て、身震いが起こり、やっぱりここのスタジアムとベガルタが好きで良かった・・・と実感しました。
a0012565_0504759.jpg


しかし、今日は宮城テレビでの中継を録画しましたが、解説にセルジオ越後を起用するなんて凄い気合いの入れようだ!と思いましたが、実況があの三雲アナ
もうほんと最悪ですね・・・。

解説のセルジオさんに対して
「へ〜そうなんだ〜」(タメ口?)
「たしかにそうゆう事も言えますね〜」(えっ!?)
「あ〜そうか、そうか」(何様?)
などなど暴言吐きまくり。(他にもふぅ〜など意味不明な実況多数・・・)

宮城テレビさん!中継してくれのはうれしいのですが、三雲アナだけはやめてくれ!
ほんと恥ずかしいです。

ま、セルジオさんも相変わらずとんちんかんなコメントも出してました。
せめてJ2の解説に来るんなら、ちゃんと昇格争いのお勉強して来ましょうね。
a0012565_0511851.jpg


今日は最下位草津に1−0と辛勝でしたが、しかし前節の福岡に続いて今節の甲府の敗戦は、下位と言えども厳しい試合に変わりはないと深く思いました。
泥臭くてもいい。内容が悪くても結果が良ければ良いでしょう。
そのためにも勝ち続けるしかない!


甲府戦は横浜FCで笛を吹いた東城さんが降臨したようですね。
相も変わらずのカード乱発ぶりは恐ろしい・・・。
[PR]
by hiro193-m | 2005-11-14 00:54 | 観戦記
行ってきました!ベスパ。しかし、アクシデントが・・・!
なんと持って行ったデジカメの電池が切れてしまい、写真が撮れない事に!・・・て事で今回の遠征は写真なしってことですよ。・・・って誰も期待してないか?

試合前にはモンテディオサポのコレオグラフィーがあり、初めは場内拍手で讃えたのですが、その後はマリノスの応援をして茶化すシーンも・・・(トリコカラーには一色足りないんだけどね)
仙台はビックフラッグを新、旧どちらも掲げて気合い十分!モンテもビックフラッグを掲げていい感じで東北ダービーが開始。

前半は10分位までは山形ペースで試合が進んでいたが、ベガルタがセカンドボールを拾い始めると徐々にベガルタペースに。
そして、34分シュウェンクが裏に抜けた絶好機をシュートするもバーに弾かれゴールならず・・。

ここから、一気にベガルタペースに変わって押し気味に試合を進めるがゴールは奪えず、イライラする展開の中、バロンがエキサイトする場面も出る。
しかし、そんなイライラもCKからシュウェンクのヘッドで払拭!
けど録画で見るとシュウェンクのシュートにバロンの頭が当たってコースが変わったのね・・・。
その後のバロンとシュウェンクの喜び方は、お互い分かっている中での喜びでした。

後半は引き気味になったベガルタに対して、攻撃を仕掛ける展開となった。
やはりと言うか、予想通り攻撃大好きの村上がいる左サイドを徹底的に突いてチャンスを演出しますが、いかんせん決定力不足。
そんな時山形は満を持して佐々木を投入してきたので、正直まずいなぁ・・と思っていたが、なんと佐々木は交代した阿部のポジションFWに入るじゃない!
これがを分けたような気がしますよ。
その後も山形は右サイドから攻撃を仕掛けますが、連戦の疲れのためか精度を欠く淡白な攻撃しか出来なかった・・。

ベガルタは全員が守備への意識が高く、しっかり守っていたが右サイド(ベガ側の)選手への対応が少々問題。
しかし、CKからシュウェンクの山形GKが一歩も動けない素晴らしいゴールで突き放し、試合終了。

これで山形へ引導を渡す事が出来ましたが、甲府が勝ったため未だ4位。
しかし、2位福岡が負けたため、残り5試合はかなりの波乱が予想されてきた。
最終節にまさかのビックサプライズを期待したいが、そのためには残り全勝が必須な事には依然変わりはない。
気を緩めず全勝を目指せ!
[PR]
by hiro193-m | 2005-11-07 00:48 | 観戦記